おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

秘密証書遺言において遺言書作成

分類してみると3種類の方法が遺言書作成にはあると思われます。遺言書作成の一つに秘密証書遺言と呼ばれるものがあります。自筆で秘密証書遺言を行う場合と比較すると高度な方法であるかと思われます。

秘密証書遺言で遺言書作成をするには周囲の人に協力してもらわないといけない事もあるかと思います。遺言書作成によっては費用がかかる方法と、あまりほとんど費用をかけないでできる方法とがあると思われます。

遺言書作成のそれぞれの方法については、特徴をよく理解した上で、自分はどの方法で行うといいのかという事を考える様にしたいですね。その際には残される家族の事を考えながら選ぶ様にしたいですね。

確実性に優れた公証人立会の遺言書作成

遺言書は相続問題がトラブルに発展するのを防ぐ有効な文書になりえます。しかし、紛失や偽造などで遺言書そのものがトラブルのもとになる場合もあります。 遺言書の書き方で最も簡単なのは、遺言者本人が自筆で作成する自筆証書遺言です。ただ簡単な反面、書き方の不備で効力が無効になったり、管理が不十分で紛失・偽造の危険もあります。

安全かつ確実に遺言書作成するには、公証人の立ち会いのもとで公正証書遺言書を作成することです。公証人によって内容が確認されますし、原本は公証役場に保管されるために偽造や紛失の危険もありません。

時間と費用はかかりますが、遺言書そのものの真偽が問題になることはなく、確実性に優れた遺言書作成方法です。

遺言書作成に掛かる費用とは?

相続の際に重要な役割を果たす遺言ですが、その遺言書作成に掛かる費用は意外と多いです。 遺言には一般的に自筆遺言、公正証書遺言、秘密遺言があります。自筆遺言は被相続人の自筆で書かれたもので、費用は一切掛かりません。

公正証書遺言は、公証役場で公証人に作成してもらうものであり、遺言書に記載されたそれぞれの相続人の相続財産の価額によって作成手数料が変動します。一番安い手数料は100万円以下の区分の5000円であり、それ以降、相続財産の価額によって徐々に増額され、例えば3人に100万円ずつ相続させると、手数料は15000円となります。

また、それとは別に遺言加算という手数料が別途必要となり、1通に記載された相続財産の価額が1億円以下なら11000円が加算されます。なお、公証人が病院等に出張して作成する場合は、手数料が1.5倍となり、さらに旅費と日当が必要となります。

秘密遺言は遺言の存在を公証人に証明してもらうものであり、その手数料は一律11000円となります。

遺言書作成は遺産相続で大きな効力を発揮します

遺産相続は兄弟や親族間で大きなトラブルに発展する可能性があります。遺産分割方法の指定や相続人同士のトラブルを回避する手段として、遺言書があります。遺言書は遺産相続において強力な効力を持ち、被相続人は死亡する前に遺産を相続する者や遺産の分配方法を自由に決めることができます。

しかし、法律で決められた範囲内で記載しないと無効になる場合があるうえ、どういった遺言内容にすれば良いのかわからないという場合もあるので、まずはその方面に詳しい弁護士の無料相談を活用し、具体的に相談してみることは大変有効な手段です。

兄弟での遺産相続の分配と遺言書作成

親がなくなると、その配偶者や兄弟で故人の遺産相続をします。故人が生前にきちんとした遺産の分配の遺言書を残していた場合、その通りに分けることになりますが、遺言書がなかったり、その遺言書が法的に決められた書式出なかった場合などは、法で定められた分配法になります。

しかし、お金が絡むとどうしても感情が先立ち、兄弟間でもめてしまうことがあります。大きなトラブルになる前に、遺産相続の専門家に相談することが最適です。冷静な第三者の専門家によってのちのトラブルを回避したり、代理人としての相続執行を行い、法にのっとった判断ができるのです。

より確実に効力のある遺言書作成とは

遺言書というと、相続などで使われる際に効力が発生するものです。書き方に関しても法律で定められており、キチンとした遺言書作成ができていないと確実な相続ができるどころか、法律的に遺言書としての効力が発生しないというリスクがあります。

そこで遺言書作成を行い、確実に効力の発生する方法として「公証人」を利用することが挙げられます。法律的に公証人の証明があることで効力はより発生することができ、なおかつ遺言書作成の書式もアドバイスをしてくれるので、相続をする際に重要な役割を持っています。もちろん料金はかかりますが、効力を発生させる面では投資と言った方が良いでしょう。

遺言書作成と押印の位置について

遺言書作成を行うにあたり、押印の位置をきちんと確認することで、効力を発揮することができます。 現在のところ、遺言書作成に関するサービスが充実している法律事務所の取り組みについて、大手のメディアで特集が組まれることがあるため、短期間のうちに魅力的な依頼先を見つけることが良いでしょう。

また、優遺言書作成の大切さについて知りたいことがあれば、無料相談のサポートが行き届いている法律事務所を見つけることで、誰しも安心して行動をすることが可能です。 その他、定評のある依頼先のシステムの内容を理解することがコツといえます。

自筆の遺言書作成の注意点

自筆の遺言書作成をする際には、前もって法律の専門家からアドバイスを受けることで、将来的なトラブルに対処をすることが可能となります。 最近では、リーズナブルな価格の相談料金が設定されている法律事務所に対してニーズが高まっており、短期間のうちに依頼先を見つけることが課題として挙げられます。

また、優遺言書作成の時期を正しく選ぶには、ある程度のテクニックが必要となることがあります。 そこで、実績のある弁護士に継続的に相談を持ち掛けることによって、いざという時にも冷静に手続きを行うことができるといわれています。

遺言書作成と紛失について

遺言書作成を行われる方は沢山います。その中でも一番困ってしまうパターンがせっかく遺言書作成を行ったのに、紛失してしまうパターンです。紛失してしまうと、完全に遺言書の効力はなくなってしまいます。

そこで遺言書作成に辺り一番いい方法があります。その方法は弁護士に依頼し、弁護士の前でき作成をするということです。この効果は遺言書記入後弁護士は、必ず法的効力のある方法にて、遺言書を弁護士用で保管します。もし当人が亡くなった場合は弁護士に遺言書を無くした事を告げると、持っている遺言書にて法的に手続きしてくれます。

遺言書作成の内容について

遺言書作成については今でピンとこなかった人にとっても、考える要素の一つとしてあげることができます。昔と異なり生活のスタイルも多様化されてきているからです。生活スタイルの多様化によって、今まで考えられなかった影響が出てくる可能性もあるからです。

残された家族がそのような事態に見舞われないためにも、ライフステージごとの遺言書作成することをおすすめします。遺言書の作成については、自分で手軽におこなえる様に遺言書キットなどの商品もありますので、そういった道具を使用しまずは、遺言書を作成してみることをおすすめします。

遺言書作成に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。