おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

もし遺産相続でトラブルになったら

最大限にトラブルを避ける様に頑張ったが、どうしても遺産相続トラブルが避けられない状態となってしまった場合には、そのまま無理に協議をするのではなく、まず保留にして弁護士など法律に強い人を頼りたいですね。

当事者は遺産相続で自分の感情を盛り込んでしまいがちですが、第三者は問題とは関係ないので、客観的な意見がもらえて、トラブルが避けられるという事もあります。遺産相続にてトラブルになれば、なるべく早く弁護士などに仲介してもらいながら遺産相続を進める様にしたいですね。

遺産相続では客観性を持ち、平等になる様に分割する事が、トラブルにならないためのポイントとなる事もある様です。

兄弟姉妹間における遺産相続トラブルは弁護士に依頼する

遺産相続トラブルで多いのは兄弟姉妹間でのトラブルです。たとえ、普段は仲が良い兄弟姉妹でも、いざ被相続人である親が亡くなった後では、遺産相続トラブルが勃発してしまうということはよくあることです。

特にそれまで親と絶縁していた兄弟などが、親が亡くなったことを聞きつけて、何事もなかったかのように自分の権利を主張することや、また異母兄弟の存在など、生前の父親からは知らされていなかったことなど、寝耳に水のような事実も起きてくることもあります。そのため、少しでも遺産相続トラブルのリスクをなくすためには、専門の弁護士に依頼してしまうことです。その方が早く解決できるからです。

土地を遺産相続する場合、相続登記が必要です

遺産相続の対象に土地や建物といった不動産がある場合、不動産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があります。この名義変更は、俗に相続登記と呼ばれています。 相続登記自体に期限はありませんが、第三者に不動産を売ったり貸したりする場合には、相続登記が前提として必要になるので、遺産相続が生じたら早めに手続きをしておくとよいでしょう。

相続登記の手続きは、不動産を管轄する法務局で行います。登記申請書の作成や必要書類の収集、登録免許税の算定など、法律知識が必要になるので、登記の専門家である司法書士に相談するとよいでしょう。

相続で遺留分のことについては司法書士へ

相続において、遺言書が見つかった時などに、特定の人に全部の遺産を渡すと書いてあった時など自身の分については全くもらえないのか?ということがあり、どうすればいいのかということで困ってしまうことがあります。

そのようなときには司法書士にお任せください。

遺留分については、基本的に相続人に入っていの生活の保障のために一定分がもらえるようになっているものであります。 ですので、特定の人が全部遺産を受け継ぐということはなくその他の相続人がいれば、権利行使をすれば遺産を受け取ることは可能なのです。

司法書士からはそういった場面ではしっかりとした法律的なサポートをいたします。遺留分については、困ったことがあれば司法書士の方に連絡をしてください。

相続の流れ

亡くなった人の財産を相続したい時にはどうすればいいのでしょうか。まず死亡届けを提出します。そして、遺言書が残されていないか、自宅や部屋の中を探します。

次に法律で決められている相続人が誰なのか該当する人をピックアップします。該当しない人はこの時点で資格がないと言える様です。

次は財産となる物が総額いくらになるのか計算します。そして、正式に受け継ぐがどうか決定します。借金の方が多い場合は放棄します。

亡くなった人の代わりに確定申告を行い、家族の中で話し合いをします。そして、それぞれに遺産が引き継がれます。その後は納税を完了して、すべての工程が終了します。

遺産相続トラブルを防ぐために

遺産相続では近い関係の人の間でトラブルが起きやすいため、その後の人間関係に大きな影響を与えます。自分が亡くなった場合、近い人が亡くなった場合どちらでも巻き込まれる可能性はあります。できるだけこうした問題に巻き込まれないようにしていきたいものです。

せめて自分が亡くなった時に周りに迷惑をかけないようにしていきましょう。遺産相続の細かい分け方について、きちんと遺言書を残しておくと、残された人同士で争う事を防げます。こうした遺言書を書いておくという事も残された家族への思いやりの一つであるといえるでしょう。

遺産相続に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。