おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

不動産だけを遺産相続する時のトラブル

複数の人で不動産だけを遺産相続する時にはトラブルになりやすいので、気を付けたいですね。

みんなで一緒に暮らすという場合を除いて、不動産はそのままでは平等に分けるという事ができないからこそ、遺産相続する時のトラブルについて考える必要があります。

相続人の中にそのまま暮らしたいという人がいれば、遺産相続でトラブルになりやすい事が考えられます。また、すべての相続人が不動産を売却して、金銭を分割する事を望んでいるのであれば、遺産相続はしやすく、トラブルは避けられるかもしれません。

遺産相続においては、協議の時にいかにして家族の同意を得るかという事が、トラブルの回避に直結している事もあります。

被相続人の財産を承継する遺産相続

相続とは、亡くなった被相続人の財産や債務(遺産)を、相続人が承継することを言います。 遺産相続は、まず、遺産の金額を算出します。現預金や貸付金、借入金、葬儀費用はすぐに分かりますが、家や土地、田畑などの不動産や株式、骨董品や貴金属などの金額を計算するには時間が掛かります。

そして、配偶者や子供など以外の特定の人に対して財産を譲り渡すことも可能ですので、誰が相続人になるのかを調べます。 それらが確定したら、遺産の金額から基礎控除額を引いた残額から、それに対して課税される相続税を差し引いて遺産相続が完了します。 遺産相続も、相続税の計算も、一般人では難しい部分が多々ありますので、弁護士、司法書士、税理士などの専門家に相談して行うようにしましょう。

株の遺産相続について

故人の名義になっている株式は、遺産相続の手続きが必要です。証券会社へ亡くなった連絡をすると、故人の名義の口座は、取引ができなくなります。相続人が、遺産相続の手続きをし、株式の名義が相続人になると、取引することができるようになります。故人の名義のままでは、家族であっても、売却して現金化することなど、一切の取引はできません。

相続するためには、故人の口座がある証券会社で、相続人の口座が必要になります。そして、相続人全員が相続することに了承した書類など、必要な書類を証券会社に提出すると、相続することができます。

遺産相続のトラブルは多いです

遺産相続のトラブルというのは、資産家の家におこることだから庶民の家には関係ないと思われがちですが、実はそうでもないです。昔は長男が家系を受け継ぎまもっていくので、財産も引き継ぐのが一般的でしたがいまは、兄弟が親の遺産を分配していくのが普通になっていくからです。

ときに親の住んでいた一軒家が財産という場合は、きちんと分けられないために分配の比率でと喧嘩になることが多いです、遺産相続でいままで仲良かった兄弟の仲が険悪になったというのもよくある話です。ですから法定相続人が誰に当たるのかや分配の比率を専門家に助言してもらうなどは必要なことです。

遺産相続に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。