おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

税理士に聞きたい相続税お尋ね

細かい金額の記入が求められる事もある相続税についてのお尋ねは、書き終わるのに時間がかかる事もあると思います。また、相続税についてのお尋ねを書く時には、なかなか手が進まないという事も出てくるかもしれませんね。

しかし、一人で相続税についてのお尋ねについて悩む必要はありません。相続税についてのお尋ねについては、税理士が手を差し伸べてくれます。

ですので、相続税についてのお尋ねの書類記入が手に負えない時には、税理士にお願いしてみましょう。普段お世話になっている税理士がいるのであれば、その人に聞いてみるのもいいかもしれませんね。内容に関わらず記入さえすればいいという書類ではありません。

税務署からの相続税お尋ねは税金の催促か

両親などの近親者が亡くなった場合、税務署から相続税お尋ねが郵送されてくるケースがあります。税務署は故人の確定申告の状況や、固定資産などからおおよその財産を把握しています。

そこで相続税が発生する可能性があると判断すれば、このような相続税に関するお尋ねをしてきます。これには回答する義務はありませんが、きちんと対応しておいたほうがいいでしょう。

必ずしもお尋ねがあったからといって税金が発生するわけではありません。支払う必要がなければ回答するだけで済みます。しかし相続税が発生し、なおかつ期限までに納付できなければ、罰則として延滞税がかかる場合があります。不安があれば税理士など専門家に相談して、速やかに処理するようにしましょう。

一部の人に贈られる相続税お尋ね

すべての人に相続税についてのお尋ねが届けられるのではなく、届けられるのは一部の人だけです。では、どの様な人に相続税についてのお尋ねが届けられるのでしょうか。まず、相続税についてのお尋ねは、高い金額の相続が発生している所に送られます。

一定以上の金額は税が発生しますので、相続税についてのお尋ねで詳しい調査が行われる事もあります。相続税についてのお尋ねが届いても不安に思う必要はないですが、きちんとしないと後で税務調査になってしまう事もあるかもしれません。

場合によっては専門家に依頼しないといけない事もあるかと思いますので、放置しないでなるべく早めに対処する様にしたいですね。

相続税お尋ねに関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。