おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

遺産分割協議と弁護士の対応の仕方

遺産分割協議をスムーズに行うために、プロの弁護士のサポートをお願いすることが成功の秘訣として挙げられます。 最近では、報酬額の安い法律事務所の選び方にこだわりのある人が増えてきており、将来的なリスクを防ぐために、しっかりと相談先を見つけることがおすすめです。

また、遺産分割協議に関するトラブルを避けるには、ある程度の知識や経験が必要となりますが、その都度担当の弁護士と相談をすることが欠かせません。 その他、遺産分割協議のメリットやデメリットを早期に把握することによって、余裕を持って対応をすることが可能となります。

遺産分割協議と財産の分割方法

不動産などの遺産の分割をする際には、予め遺産分割協議の日程を組むことがとても重要です。 最近では、遺産分割協議の必要性に関して興味を示している人が増えてきており、各自の権利をしっかりと主張するために、専門性の高い法律事務所にサポートを受けることがおすすめです。

一般的に、土地や家屋の分割の仕方については、素人にとって判断が難しいことが分かっています。 そこで、まずは定期的に各方面の専門家の助言を受けることによって、忙しい生活を過ごしている人であっても、納得のゆくまで対応をとることができるようになります。

遺産分割協議をめぐるトラブルについて

遺産分割協議に関するトラブルの危険性を最小限に抑えるために、実績のある大手の法律事務所の対応の良しあしをチェックすることがおすすめです。 近頃は、リーズナブルな報酬額が設定されている法律事務所に対する需要が高まっており、いざという時に備えて、相談先のシステムの内容を理解することが良いでしょう。

また、遺産分割協議の進め方について迷っていることがある場合には、同じような立場の人から助言を受けることが大事です。 その他、遺産分割協議をめぐるリスクを回避するうえで、各地の法律事務所の対応事例を確認することが大切です。

遺産分割協議の契約を解除するには

遺産分割協議の際に結んだ契約の内容を解除するためには、相続人の間で承認が必要となることがあります。 そこで、初めて遺産分割協議に取り組むうえで、専門性の高い法律かから直にアドバイスを受けることで、様々なトラブルに立ち向かうことがおすすめです。

一般的に、遺産分割協議の進め方については、素人にとって理解しにくい事柄が多くあるため、すぐに判断ができないことが分かっています。 その他、前もって無料相談の対応が行われている法律事務所に問い合わせをすることで、何時でも納得のゆくまで便利な情報をキャッチすることが可能です。

知らないと損する?遺産分割協議について

遺産相続を鵜呑みにしてしまうと、損をしてしまう事があります。故人の遺産が色々とあり、すべての遺産を調べ上げた結果、たくさんの遺産が出て来たと言う時には、遺産分割協議を行い、各相続人が、どの遺産をどれだけ貰うか決めなければならないです。その時に、貰うだけだからと安心していると、損をする場合があるのです。

故人に遺産がたくさんあって、おまけに借金までもある場合には、特に危険となります。貰う物によっては、その借金も相続として引き受けるはめになる事があるのです。銀行に預金があり、その中に借金もある場合に、その銀行の相続を受けてしまうと、預金も借金も一緒に自分に掛って来てしまう事になります。

預金額が借金額よりも高い金額であれば、そのまま借金を支払い、残った現金を受け取る事が出来ますが、逆に借金が多い場合には、返済義務を背負ってしまう事になるのです。貰うための相続では無く、支払う為の相続になってしまう事があるので、遺産分割協議の時には、しっかりと参加をして、すべてを知っておく必要があり、参加をしていない遺産分割協議書だけを持ってきても、鵜呑みにはしてはいけないのです。遺産のすべてを把握して、納得いかない所は、相続しない事も考えなくてはいけないのです。

遺産分割協議の注意点について

全ての遺産を合計していった場合に、最終的に遺産の総額をしっかりと確認しておくことです。この総額を曖昧にしたままで、遺産分割協議をはじめてしまうと、すべての遺産分割が終了してから遺産の総額が判明し、トラブルに発展してしまうケースが多々あります。

ひとまず、全部の遺産をしっかりと確認しておくことです。遺産の項目においては、わかりにくい項目もありますので、第三者となり遺産分与の進行をつとめてくれる人が必要になります。合意してしまうと、基本的にはやり直しが聞きませんので、しっかりと把握することが大切になります。

遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書は、相続人や受遺者が遺産をどう分割したかを記録した書類であり、相続税の申告や凍結された預金口座の解約、相続登記など様々な相続手続きで使用されます。この協議書は、書式を問わず、自由に作成できますが、遺産分割協議書というタイトルと被相続人の氏名と相続が開始した日、分割の内容、全ての相続人や受遺者の名前と住所、合意がある旨、およびその日付は必ず記載します。

合意した相続人と受遺者の名前は自筆であると良いでしょう。なお、分割の内容は、不動産であれば登記簿謄本から転記し、預金口座なら預金の種類や口座番号、残高が分かるように、具体的に記載する必要があります。

遺産分割協議について相談を

相続が始まった時、遺言などが残されていて特にもめることなく処理を終えることができるというケースは稀です。多くの場合、どのように分けるかという事を考えなくてはなりませんし、それによる争いも生じます。

そういった時にどのように財産を分けるか、話し合うのが遺産分割協議です。相続人同士の利益がぶつかり合うため、なかなか話がまとまらないという事もあります。もめてなかなか決まらないという事や、自分だけ不利に話が進んでいるように感じることもあるでしょう。そういった時には専門家に相談してみましょう。解決につなげることができるかもしれません。

遺産分割協議は遺言の内容と違ってもいい?

被相続人が遺言を残していた場合、必ずしもその通りにしなければならないわけではなく、遺産分割協議において相続人や受遺者(遺言で財産を取得する者)全員の合意が得られれば、遺言と異なる内容で遺産を分割する事も可能です。

また、遺言によって異なる内容の分割を禁止する事も可能ですが、受遺者が法定相続人のみであれば、受遺者が遺贈を放棄する事で法定相続人が相続する事になる為、遺言と異なる遺産分割が可能となります。

なお、遺言執行者が遺言の実現に努める義務があるとされていますが、他の相続人などの合意がある場合は、それに反する事は許容されると考えられている為、遺言執行者がいる場合はその者の同意も必要となります。

相続税・遺産分割協議に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。