おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

知らないと損をする遺留分という権利

親が死亡するなどで莫大ではないにしても、家屋など相続が発生したとき、遺留分につてい知っていないと、損をしてしまうことがあります。特に財産が親の住んでいた土地家屋だけだった場合には、一緒に住んでいた子供(自分にとっての兄弟姉妹)にすべて相続させることに同意するのは普通のことです。このとき、同意し、放棄している相続分の半分は遺留分であることを知っておくとよいでしょう。

遺留分については、たとえ遺言ですべてを長男に譲るとしていても、放棄せずに権利を主張できる部分です。だからといって、長男ともめることはお勧めしませんが、可能であれば、権利部分を現金にかえて受け取りたいと主張することができるものです。知っていて放棄するのは、問題ありませんが、知らずに放棄させられていたなんていうことがないようにしたいですね。

遺留分と相続財産の総額について

遺留分の請求をするにあたり、相続財産の総額をきちんと計算することが重要なポイントとして挙げられます。現在のところ、遺産相続の重要性について興味を持っている人が増えてきており、数々のトラブルを未然に防ぐために、時として専門家のアドバイスを参考にすることがおすすめです。

また、遺留分の金額については、素人が判断をすることが難しいとされ、すぐに経験豊かな弁護士に相談をすることがコツです。その他、実際に遺産相続を行ったことがある人のレビューを参考にすることで、何時でも積極的に行動をすることができるようになります。

近親者の遺留分の計算方法

遺産相続を円滑に進めるうえで、近親者の遺留分の計算式をじっくりと把握することがおすすめです。近頃は、プロのスタッフが在籍している法律事務所の魅力について、数々のメディアでピックアップされることがあるため、常日ごろから役立つ知識を得ることができます。

また、遺留分の計算のタイミングについて知りたいことがある場合には、経験豊富なスタッフに相談を持ち掛けることによって、何時でも余裕を持って対処をすることが可能です。その他、近親者の相続人の意見をしっかりと聞き入れることが成功のポイントとして挙げられます。

贈与財産の遺留分とは何か

遺留分とは、法定相続人から兄弟、姉妹を除いた相続人が最低限相続できできる財産のことです。基本的に財産は遺書に従って相続されますが、遺書に他人に全て委ねるとしていた場合家族には贈与財産がない状態となってしまします。

この状態を回避する為に民法で配偶者と子供、父母は最低限の財産を相続できるようになっています。遺留分を侵害されてしまった場合は、財産贈与があると知った日から1年、もしくは相続開始から10年以内に遺留分減殺請求を行う必要があります。上記の期限を過ぎてしまうと時効となってしまいますので注意が必要です。

遺留分制度の概要

故人が築き上げた財産は故人の自由で配分しても一見良さそうですが、その財産は故人の家族の支えがあってこそ築き上げることが出来た財産なのです。例えば、故人が自分の遺産は全て町に寄付する内容の遺言書を作成してあり、実際にその様にされてしまっては残された家族の生活は成り立たなくなってしまいます。

その様な問題が起きる事を防止するために遺留分制度があります。この制度により故人の奥さんや子供達家族の生活を保障するために適正な財産を確保し分配をします。遺留分制度の概要は故人の遺言書の意思と残された家族の生活を保障することです。

遺留分に関する知識について

資産を所有する方が亡くなった際には、遺産として引き継ぐための遺産相続手続きが行われます。残された家族にとっての大きな問題となることはもちろん、手順に沿った手続きが必要であるため、なかなかスムーズに進められないものでもあります。

どのような相手にどのように分配されるか、遺留分として定められた割合が存在しており、続柄や家族構成などによって基準が分かれています。また兄弟や姉妹は対象にならない事など、細かな決まりも存在しており、遺言書の有無や記載内容とも関係するため、相続手続きの際には注意が必要でもあります。

遺留分に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。