おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

中高年になると考えたい遺言書作成

高齢者だけが遺言書作成について考えないといけないのではなく、年齢的に若い人であっても、将来に備えたいという事であらかじめ遺言書作成を済ませておきたいと考える人もいるみたいですね。

生きているとどんな事があるか分かりませんので、念のために遺言書作成を行っておくというのはいい事であると言えるのではないでしょうか。遺言書作成について考える時期についてですが、中高年になるとそろそろ考え始めるといいかと思います。

遺言書作成はじっくりと調べながら取り組んだとしても、それほど長い期間を要するものではありませんので、最初の間は気軽に取り組むといいかと思います。完成すれば保管するのみですね。

遺言書作成の場合には相談をしよう

人間、いつ自分がどうなるか予測することはできません。自分の身に何が起こっても家族があたふたしないように遺言書作成はぜひ早めにやっておくことをおすすめします。作成する場合は司法書士、税理士、弁護士、行政書士にきちんと相談しましょう。

司法書士は不動産を所有している場合におすすめです。税理士は相続税申告が必要な場合は利用するのも悪くはないですが基本的には他のところに相談したほうがいいです。弁護士は遺留分を侵害する場合など裁判になる可能性がある場合におすすめです。行政書士は他よりも安く済むので手軽に作成したい場合におすすめです。

遺産相続の遺言書の書き方

大阪にお住まいの方が遺産相続に関する遺言書を書く場合、提出先は管轄の家庭裁判所となります。遺言書の書き方ですが、一般的なのは自筆で書く「自筆証書遺言」という型式です。パソコンで作成したり、ほかの人に代筆してもらったものは認められません。

書き方を間違えると無効となってしまいますから、遺産相続の内容、作成した日付、署名、押印などを忘れないようにしてください。保管方法としては、弁護士や司法書士、銀行や信託銀行に預けるという方法があります。封筒に入れた上で封をして、中を読まれないような状態にして預けましょう。

相続で用意する書類はたくさんある、遺言書作成

財産を相続する際には、様々な書類を用意する必要があります。遺言書が残されていたか、また遺言書が正しい形式で書かれたものかなどを確認し、さらに相続人の戸籍謄本や住民票、印鑑証明書なども取得しなければいけません。

不動産を所有している人が亡くなった場合は、不動産の登記事項証明書を取り寄せたり、とにかく用意する書類が多く大変です。身近な人が亡くなった場合、精神的な疲労も重なり、税金を多く支払ったり本来受け取れる財産を受け取れない可能性もあります。大阪の司法書士事務所では、相続に関する総合的なサポートを行っているので、依頼者の負担を大幅に軽減してくれます。

遺言書作成にかかわる法律

遺言書作成を滞りなく進めるためには、様々な法律の内容を正しく理解することが重要となります。 現在のところ、遺言書作成のメリットについて、大手の情報誌などで詳しく紹介されることがあるため、少しでも知りたいことがあれば、便利な情報を集めることが良いでしょう。

また、遺言書作成の費用の相場に関しては、素人がすぐに判断をすることが難しいことが分かっています。 そこで、定期的に各方面の法律の専門家から助言を受けることによって、多忙な日々を過ごしている人であっても、冷静に正しい手続きを取ることができるようになります。

遺産分割と遺言書作成の重要性

遺産分割をスムーズに行うためには、前もって遺言書作成をしておくことで、様々なもめ事の発生を防ぐことができます。 現在のところ、遺言書作成のサポートを専門としている法律事務所の数が急増しており、各地の事務所の最新の実績の良しあしを見比べることが良いでしょう。

また、遺言書作成の際には、高額な費用が発生することがありますが、良心的な法律事務所のシステムの内容をきちんと理解することが大事です。 その他、実際に遺産分割をしたことがある人から話を聞くことにより、何時でも落ち着いて対処をすることが可能となります。

誰もが気になる遺言書作成

遺産相続の際に問題となる事柄のひとつに、遺言書の有無が挙げられます。内容が有効なものであることが重要となる遺言書作成については、大阪や東京をはじめとする都市部を中心に、弁護士や行政書士などが在籍する専門機関での相談業務、さらに手続きを一括して代行してもらえる業務が取り扱われています。

遺産を相続したい相手や、相続する割合など、遺言書を作成する事は、遺産相続に関する意思表示でもあります。法的に定められた正しい情報をもとに、作成作業を行うことも重要となります。残される家族同士でのトラブルを避けるためにも、問題なく遺言書を作成することが大切です。

覚えておきたい遺言書作成時の遺言執行者とは

日本全国、大阪でも遺言書作成を行う場合、それを実行してもらうために、遺言執行者を決めておく必用があるようです。多くの場合、遺言書作成する際は弁護士や司法書士などに依頼をして、同時に遺言執行者としても依頼するケースがあります。

残された相続人だけで手続きできるものは問題がありませんが、 特に子供の認知や相続人の排除や取り消しなどが記載される場合には、 遺言執行者しかできない手続きとなっています。また相続人が多くいる場合などは、数多くの相続手続きなど、代表として行ってくれるため、相続人の手続きの負担が軽減されるメリットがあります。

遺言書作成の方法について

遺言書作成の方法の一つに公正証書遺言があります。公正証書遺言は遺言者に当たる本人が、公証人に遺言の内容を伝え、内容を聞いた公証人が書面に作成して行く方式になります。遺言の内容での不備があり遺言書が無効になってしまうケースや、偽造をされてしまう様な恐れもありませんので、安心して作成をすすめることができる点がメリットとして挙げられます。

公証役場にて遺言書原本は厳重に保管され、相続について話し合いをする際に家庭裁判所に検認請求をせずに進められます。 また、公正証書遺言を作成する場合には2人以上の複数人の証人が必要とされます。

遺言書作成時に気を付けること

誰しも自分の死後のことについて進んで考えようと思いません。ましてや、遺産相続手続きなどで家族間の関係が悪くなるなど想像もしません。自分が所有する遺産の相続に関して、何か特別な意向があるなら遺言書作成をしておくといいでしょう。

遺言書の記載については、法的に定められています。記載が法律に反していると、遺言書自体が無効になります。疑問があれば、専門家に相談するのが大切です。また作成した遺言書は、家族が発見しやすいところや安全に保管できる金庫に入れておきます。遺産分割協議が済んだ後に遺言書が見つかった場合は、再度協議をしなければなりません。遺された人に負担をかけないことも、先に逝く人の使命でしょう。

財産に応じた遺言書作成を

遺言書作成をおこなう場合は、詳しく書かれた本や、インターネットを使って調べておくことが大切です。また、行政書士や司法書士に相談する方法もあります。特に財産が多い場合いは、紛争になりかねませんから遺言書を残すのがベストです。

また、遺産相続がスムーズになるように、校正役場でつくる校正証書遺言書でつくる方法もあります。自分で書くより費用は高くつきますが、遺産相続が始まると遺族は何もしなくても書かれた通りに執行されるため、確実性があります。あまり財産が多くない場合は、費用分を考えて自筆で行うしかありません。

遺言書作成に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。