おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

遺言書作成なら専門家に

「遺言書作成」という単語はドラマや小説などにも沢山出てきますので知らない人の方が少ないかと思います。故人は自分が死んだ時持っていた財産を誰にどのように分与するのかということを書いてある手紙のことで遺産関係において一番優先されるものになります。

遺言書には実は様々な決まりがあり、そちらを満たしていないものについては法的束縛力がなく、無効となってしまいます。そういったことを防ぐためにも大阪や東京などの法律事務所や司法事務所では無料相談などを行っています。きちんと自分の子供や配偶者に遺産が分与されるように不安な人は専門家に相談して書いた方が安心です。

遺言書作成の必要性について

遺言書作成が必要な場面として重要なのは、遺産相続が発生する場合です。資産を所有する方が亡くなった場合、残された家族などが自分たちの手で、必要な手続きを進めなければなりません。万が一、家族間などでの遺産相続に関する問題が発生した時には、遺言書の有無や記載内容が大切な判断基準となります。

大阪や東京などの都市をはじめとして、遺産相続に関するサポート業務が取り扱われている弁護士事務所などが数多く存在しています。遺言書の作成に関しても、無料での相談が受けられるなど手厚い支援を行ってもらえるため、トラブル発生を避けるために活用されています。

遺言書作成は自分に合った方法で

いざ遺言書を作ろうと思っても何をどうやっていいかわかりませんよね。何とか調べて作ったけれど、結局法的に無意味なものになってしまっては報われません。やはり知識の豊富な大阪の司法書士や弁護士といった専門家にお任せするのがベストかと思います。

遺言書作成には自筆証言遺言、公正証言遺言、秘密証言遺言の3種類があり、自分の希望に合った方法で作成しましょう。ただ、公正証言遺言と秘密証言遺言はそれぞれ手数料や費用がかかるので、最近では自筆証言遺言を作成する人が増えています。本文から署名捺印日付まで必要事項は全て自筆で作成することが絶対条件です。

遺言書作成はしっかりと行いましょう

遺言書は、法的拘束力を持つので、とても意味のある物です。ですので、自筆ではなかったり、名前がなかったり、ハンコが押されていないなど、一つでも間違ってしまうと、無効となってしまうので、遺言書作成をした場合は、弁護士などに見てもらった方が良いです。

大阪や東京などでは、無料相談も行っていますし、書き方講座なども開かれていますので、遺言書をしっかりと残して、残された家族が遺産について、揉めないようにしっかりと書いておきましょう。そして必ず、専門家に確認をしてもらい、効力があるかどうか、確認しておきましょう。

遺言書作成をして自分が伝えたいことをしっかりと伝えよう

遺言書は、自分が亡くなってしまった後、最後に生きている人に思いを届ける事が出来る場所です。遺産などで、家族がもめてバラバラになってしまうのも嫌なので、しっかりと明記するようにしましょう。遺言書作成において、いろいろなルールがありますので、しっかりと確認しながら書くようにしましょう。

まず自書するのが基本です。その他は無効になってしまう可能性が高いです。必ず日付は最後まで書く事、戸籍通りのフルネームを記入するようにしてください。書き終えたら封筒に入れて、封印しておくとよりいいと思います。一度法律家の方に見てもらい、法律上問題無いか確認するのも良いと思います、大阪などでは無料相談なども行っています。

遺言書作成は2人でできる?

遺言書作成を夫婦で1枚という事はできるのでしょうか?実は法律には「共同の遺言書の禁止」というものがあるため、2人で1つの遺言書を作成する事はできません。しかし同じ紙の中に、夫婦で別の自筆遺言書を記載した場合や、同じ封筒に2枚の遺言書が入っているような場合には共同遺言書せず、それぞれを正式な遺言書として認めるとなっています。

もし2枚は入っていた場合には新しい方を優先させるのが一般的ですが、迷った場合には専門家に相談するのが一番確実です。また残す側もできるだけ残された場合もわかりにくくないような工夫をしておいてあげると親切です。

遺言書作成するなら公正遺言書を

自分一人では遺言書作成に不安があると言う人にオススメしたいのが公正遺言書とよばれるものです。こちらは公証人に自分の代わりに遺言書を一から記載してもらうものです。一体どのような利点があるでしょうか?

まず公証人というプロが記載してくれるため、間違いがありませんし、間違いがあったためにこの遺言書は無効という事態になる事はありません。また公証役場で作成された遺言書については検認の義務がありませんので、残された人達も気軽に遺言書を見ることができます。(改ざんされる心配がほとんどないため検認も不要とされている)

遺言書作成に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。