おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

相続税税務調査は弁護士に相談をするとスムーズ

相続税税務調査が始まってからあわてることがないように、税務職員が来たときの対応を想定しておく事が大切です。 税務署側は、なるべく多くの税金をとりたがります。 相手の言いなりになってしまうと、納得しがたい結果になりがちです。

前もって、税務署側の意図を知悉しておく事が重要になります。 もちろん、納得できない取立てには、異議申立てが可能ですが、エネルギーを必要とするので疲弊しがちになります。

なので、弁護士に依頼しておくと心強いものがあり、場数も踏んでいるので、対策をとりやすくなります。 相続税税務調査が始まる前に、資料を集めておくことが大切になります。

相続後の相続税税務調査と修正申告について

被相続人が死亡したときには、その人物の所有していた財産は相続によって子供や孫、親族などによって受け継がれることになります。相続人が遺産を受け継いだ場合には多少なりとも金銭やそれに類する財産が動くことになりますが、税務署はそのようなお金の流れというものをきちんとチェックしています。

相続が発生した場合には必ずしも相続税の申告書を提出する必要はありませんが、本来ならば申告書の提出が必要なケースであったり、提出された申告書の内容に不審な点などがあるときには税務署による相続税税務調査が行われる可能性があります。相続税税務調査の際に申告書の内容に間違いがあったときにはその点が指摘され、修正申告をしなくてはなりません。

相続税税務調査を弁護士に依頼する期間はいつまで?

何でもかんでも弁護士に相談するのは、素人があれこれ悩んで結論が先延ばしになることを考えると間違った考え方ではありません。今回、相続税税務調査について弁護士にご相談をするに際してご相談するのは何も問題はありません。

但し、相続の特性上その期間は相続を知った時から3か月が絶対条件です。これは、相続財産の調査を依頼するにはプラスの財産であれば問題ないですが、万一、マイナスであれば、相続放棄(3か月間しかできない)、限定承認(相続人全員、かつ3ヶ月限定)も視野に入れて相談することになりますのでだらだらは禁物です。

所得税の申告方法と相続税税務調査

所得税の申告方法について、正しく理解を深めることによって、様々な税務上のトラブルを回避することが可能となります。 近頃は、相続税税務調査に関する悩みを抱えている人が少なくありませんが、日ごろから税理士などの専門家に相談を持ち掛けることで、いつでも安心して生活を過ごすことができます。

大手の税理士の事務所においては、相続税税務調査のタイミングや手続きの取り方について、分かりやすく説明をしてくれるため、一般の消費者にとって、空き時間を利用しながら、有力な事務所のサービスの良しあしを比較することが良いといえます。

相続税・遺産分割協議に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。