おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

遺産相続について

遺産相続はほとんどの方に関係する問題です。特に不動産などの資産があればなおさらです。特に、地価の高い場所にお住いの場合は注意が必要です。

不動産の資産価値が思った以上に高く、相続税が 発生する場合があるのです。生前から準備をしておくことが大事なのですが、詳しくは弁護士の方に相談するのがいいと思います。

相続税のみであれば、税理士でもいいかもしれませんが、それ以外のことも考えると弁護士に相談した方が無難でしょう。

遺産相続トラブルを抱えたときに頼れるのは弁護士です

人生において、誰でも一度や二度は遺産相続トラブルに巻き込まれることがありますが、そんなとき頼りになり、心強いのは弁護士です。弁護士は法律の専門家なので、多くの遺産相続トラブルの現状や実態を目にしてきています。

その都度、面倒な内容でも解決してきているのです。そのため、依頼人が、遺産相続でトラブルを抱え、困って悩んでいても、解決に向けて早急に動いてくれるのです。遺産相続トラブルが起きて困ったときは、早目に相談・依頼することが一番です。

それが、法律に詳しくない人たちが迷ったり、苦しむことなく、できるだけ早く解決できる良い方法です。

遺産相続で遺産を分割して相続する

誰もが通る道に遺産相続がありますが、相続人が複数の場合、その遺産分割において争いが起こることが度々あります。 遺産相続は、現預金や土地、家屋などの不動産以外にも、貸付金や借入金、有価証券、葬儀費用、未払いの費用などを相続人が受け継ぐことであり、法律によって誰がどのくらいの財産を相続するか(法定相続割合)が決まっています。

しかし、当然、その割合以外で相続する事も可能であり、また、土地や家屋など分けられない物もあるため、遺産分割協議で争いが起こり、裁判にまで発展するケースもあります。 そうした状況を回避するためにも、遺産相続をする際には、弁護士や司法書士などの専門家に相談する事が望ましいでしょう。

司法書士に相続の相談をするにあたって

これから相続の相談を司法書士にしたいと考えている人もきっといるでしょう。その場合には相続を得意としている司法書士を探す事はもちろん大事ですが、その前に行っておくと便利な事がありますので、紹介したいと思います。

まず、何を相続するのか司法書士に伝える必要があります。

司法書士にわかりやすい様にすべての相続したい物をリストアップしましょう。できればメモなどに残しておくと、司法書士にきちんと伝えたいですね。

相続できる物は預金だけではありません。不動産や株、または生命保険なども考えられます。これらすべてを合計すると結構な金額になってしまう事もあります。少し作業に時間を要するかもしれません。

残すべき遺言書~遺産相続~

遺産相続のことを遠い未来のことだと考えてはいませんか? 遺産は自身の生きた証、足跡です。 足跡はいつ途切れるかわかりません、しかしそれはつながりのある人へ伝播しまた紡がれていきます。 財産だけでなく心や生き方も相続されます。

それこそが遺産相続であり、その方針を示すものが遺言書になります。 あなたが残したものが物品やお金に類するものだけである、ということは本人以外が悲しく感じることでしょう。

何度書きなおしてもいいです、人生には幾度も転機が訪れます。 そしてためらわずに筆をとり、残すべきこと・生きた証を書き連ねてください。 遺言書は亡くなるために書くものではありません、あなたの人生の身分証明書です。

大阪で遺産相続、遺産分割協議は不動産相続info

遺産相続に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。