おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続税の相談

遺産相続トラブル

相続税お尋ね

遺留分

遺言書作成

お役立ち情報

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

相続税や遺産相続問題について相談するなら

相続について考えた場合に、誰に相談すればいいのか知っておきたいですね。

遺産相続トラブルや相続税の相談

遺産相続トラブルは弁護士、不動産の相続登記については司法書士。相続税の申告については税理士に相談するなど、それぞれ扱える案件が異なります。

全ての相続についての相談を受けているところもあるようですので、まずは相談できる場所を探しておきたいですね。

詳しく知りたい相続税についてのお尋ね

税務署により相続税についてのお尋ねが送られたのであれば、詳しい事について知りたいですね。

相続税についてのお尋ねという書類は書いて出す必要がありますが、記入内容で税額が変化したりする事はありません。税務署が把握できている範囲で、対象となる人に相続税についてのお尋ねが送られています。

相続税についてのお尋ねを出さないと税務調査になる事もある様ですので、提出はマストと言えるでしょう。

うっかりしていたり、多忙であったりする事もありますので、忘れないで出しましょう。どうしても相続税についてのお尋ねのための時間が確保できないでいるのであれば、税理士などに依頼すると無事に済ませる事ができるでしょう。

不動産にまで及ぶ相続税税務調査とは

ある日、自宅に相続税のお尋ねが送付されるケースが見受けられますが、これには相続税税務調査が大きく関係しています。この税務調査には、市町村からの死亡通知および被相続人のデータを基に、相続税の申告が必要かどうか判断されるものとなっています。

例えば、不動産の相続については後者に該当されるもので、基礎控除額を超えた分が課税の対象となります。ちなみに、相続税税務調査が行われる時期は、相続税の申告期限より1年後ぐらいが目安となっています。そのため、戸籍謄本や印鑑証明などが求められる場合があり、申告に備えて書類をそろえる必要があります。

戸籍を扱う相続手続きをなれいてる事務所に相談

相続手続きについては、戸籍などを取り扱うこともあり、法律の専門家である、弁護士や司法書士に相談したほうが安心でしょう。相続関係の業務に慣れている法律事務所であれば、戸籍を取り扱った事務も得意としていることが多いので、素人が自分で扱うよりも、スムーズに作業を進めていくことができるでしょう。

生前にしっかりと相続ための準備を行っているようであれば、問題も少ないですが、突然相続が行われてしまい、準備が不十分な時には、法律のプロに間に入ってもらったほうが、親族間のトラブルも避けることができ、迅速に相続手続きを終えることができるでしょう。

遺言書の存在を確認し相続手続きをしてください

相続手続きを始める前に遺言書を書いてくれているのか確認をする必要があります。遺言書が有り無しによって、その後の手続きに必要な書類が変わってくるからです。金庫や自宅で遺言書を発見した場合には、その場で開封しないように注意してください。

その場で開封すると偽造や変造が疑われてしまいます。遺言書は家庭裁判所で検認をしてもらい、遺言書が法的に有効なのか無効なのかを判断してもらいます。有効であれば、遺言書の内容に従い遺産分割をしていきますので、手続きはすぐに完了します。無効の場合は様々な手続きをしなくてはいけないので、とても大変です。

遺言書の有無で相続手続きが変わります

相続手続きを開始するなら遺言書の存在が確認できるかまず調べるようにしてください。遺言書が見つかるかどうかで、その後の手続きが変わってきます。遺言書の存在を確認出来た場合には、自分たちで勝手に開封しないようにしてください。

勝手に封を開けてしまうと、後から偽造したのではないかと疑われてしまうこともあるからです。遺言書を確認した場合は未開封のものを庭裁判所で検認をしてもらい、法的な有効かどうかを裁判所に判定してもらいます。遺言書が法的に有効であれば、内容に従い遺産分割をするので、手続きはすぐに完了しますが、無効と判定されたらたくさんの手続きをしていかなくてはいけません。

遺言書作成と内縁について

遺言書作成のポイントをつかむには、ある程度の時間やお金が要求されることがありますが、まずは内縁の妻との相談方法を理解することが欠かせない課題といえます。現在のところ、遺言書作成に関するサポートが充実している法律事務所について、若年層の人々から注目が集まっており、いざという時に備えて、便利なツールを活用することが肝心です。

また、遺言書作成のノウハウを身に着けるためには、知識や経験が求められるケースがあるため、まずは定期的に弁護士や司法書士などの無料相談のチャンスを活用することが成功の秘訣として挙げられます。

遺言書作成における効果

自分の死後、相続による身内同士の争いを防いだり、書類手続きが円滑に行われるためにも遺言書作成は出来ればしておくことがベストです。では、遺言書作成することでどのような効果があるのでしょうか。

まず、上記に記載した相続人同士のトラブルが回避できることです。遺産分割協議を行うことなく、スムーズに解決できます。さらに、相続人以外の人に財産が分配できます。このようなメリットが数多くあり、万が一相続人がいない状態で作成を怠った場合、財産は国に譲ることになってしまうため出来る限り作成はしておくことが理想的です。

遺言書作成において大切なこと

遺言書作成において大切なことが大きく分けて三つあります。

まず一つ目は、直筆で書くことです。最近ではスマホで撮影して遺言書として残そうと言う人もいるかもしれませんが、これは遺言書として認められません。直筆が原則です。

二つ目は、日付です。西暦や日本の年号で書くといいと思います。必ず月日までキチンと書きましょう。

そして三つ目は、署名と押印です、これも直筆で書きましょう。押印は認め印でもいいですが実印の方がより良いです。文章に間違いがあると遺言書として認められないこともあるため、信頼できる行政書士事務所に相談して遺言書作成をしましょう。

遺産分割協議の書類の保管方法

遺産分割協議の際に必要な勝利の保管方法に関しては、素人が冷静に判断することが難しいとされ、早いうちからプロの弁護士に相談を持ち掛けることが良いでしょう。特に、遺産分割協議の費用の負担の仕方について興味を持っている人は、全国的に徐々に増えてきていますが、信頼度の高い依頼先を見つけるために、より多くの顧客のレビューを参考にすることが大事です。

また、遺産分割協議の際に提出をする書類の集め方については、数々の法律事務所の公式サイトなどで紹介されているため、常に便利な情報をキャッチすることが望ましいといえます。

未成年者いる場合の遺産分割協議は注意しましょう

相続人の中に未成年者が居る場合も多いと思います。そのような場合には親権者である親が代理となって分割協議に参加しますが、親もその遺産分割協議に参加している場合には、親子で利害対立が発生するので、親が子供の代理を務めることが出来なくなります。

そのような場合には家庭裁判所に申し立てを行い、特別代理人を選任します。特別代理人は、親権者に変わって子供の代理を行う人で、相続人に全く利害関係がない方を選任する必要がありますので、司法書士などを選任する場合がとても多いです。特別代理人は裁判所が候補人の中から選任します。

未成年者が相続人の遺産分割協議は注意してください

相続人に未成年者が入っていることも多々あります。未成年者が相続人になっている場合は、親権を持っている親が代理人となって、分割協議に参加しますが、親も遺産分割協議に参加している場合には、親子で利害対立が発生するので、親が子供の代理人になることが出来ません。

このようなケースでは、家庭裁判所に申し立てを行い、相続人に利害関係が全くない特別代理人を選任する必要があります。利害対立が全くない人を選任する必要がありますので、司法書士などに依頼することが多いです。候補人が適任かどうかの判断は裁判所が行います。

遺産相続相談をすべき理由

遺産相続というと、財産のある家がやることでもめるのも財産家だけと考える人も多いですが、そんなことはありません。そこまで財産がないという家、たとえば財産が一戸建ての場合のような分けられない財産の場合の分配の仕方でももめてしまうことはあります。

さらには親が認知症になったというときから、じつは遺産相続相談というのははじまっているのです。のちのち、相続のことでもめたり悩まないように、準備をするためにも遺産相続相談をする理由はあるのです。大阪や神戸にお住まいのかたは、その近くで弁護士や専門家に相談するといいでしょう。

遺産相続相談で多い相談内容とは

遺産相続相談で多い相談の内容ですが、相続対象がどの範囲まで及ぶのか、という質問を持ち込む人々が大阪や神戸には少なくないと言われています。 子供や兄弟などは遺産相続の対象範囲になる事は理解しやすいです。

しかし、いわゆる親戚と一括りにされる間柄の人々にはどの程度、遺産相続の権利が出てくるか、なかなか素人目には分かりません。 また遺言書の内容によっては、他人にも遺産が分与される可能性があるのか、こういった点についても、遺産相続相談を進める人々が多いです。TVドラマのように親しくしていたお手伝いさんに遺産の一部が遺言書の記述で本当に分与されるのか、疑問に感じる方々は少なくないです。

税理士に遺産相続相談する際にかかる費用

税理士に遺産相続相談をする際に必要な費用は、かなり高額だと考えている人も多く、相談を避けている人もいるでしょう。 大阪や神戸など大きな都市では、相続税に関しての業務を得意分野としている税理士も多く、中には初回は無料で相談に応じてくれるところもあるでしょう。

相談が長引いてしまうとそれなりに費用が掛かってしまうものですが、遺産相続相談だけであれば、そこまで高額な支払いが必要なことも少ないでしょう。 相談を通じて、手続きや申告代理に必要な費用などを詳細に聞いておけば、費用を事前にしっかりと把握しておくことができるでしょう。

詳しく知りたい遺留分とは

遺産の相続手続きが必要となった際、残された家族にとって重要な問題のひとつとなるでしょう。遺言書の内容記載と共に、どのような相手へどのような分配が行われるのか、定められているものを遺留分と呼ばれます。

兄弟や姉妹は対象に入らないものの、資産を持つ方が亡くなった際の家族構成や続柄によって、法的に定められている割合が異なります。また遺言書の有無によって、遺産が引き継がれる相手や割合に変化が生じる場合もあり、手続きの項目も多いため、手順に沿った手続きを慎重に進めていく事が、トラブルを避けながら手続きを進める重要な要素です。

遺留分減殺請求の全手順

遺留分を請求できる人は権利者で遺留分減殺請求ができます。その全手順は遺産は何であるのか、どのくらいあるのかを調べる必要があります。その後遺留分減殺請求の意思表示を相手にする必要があります。これをすると相手は遺産を返す義務が発生するので、応じなければいけません。これは内容証明郵便で請求するのが一般的です。

相手が応じてくれれば合意書を取り交わして終わりになります。支払いの約束については書面にしておくということはとても大切なことです。もしこれに応じてくれない場合は、家庭裁判所に申し立てをして民事事件として扱われ、調停による話し合いになります。これでだめなら裁判という形になります。

遺留分の役割などについて

遺留分は、相続人が最低限の遺産を確保する際に必要な制度です。民法の相続規定によると、遺言によって排除となる任意規定となっているので、基本的に相続財産というのは被相続人が生前に処分したり、死因を理由に処分したりなど、自由にして良いことになっています。

権利は兄弟、姉妹には認められてないので、遺言書作成の内容に不満があっても主張することができません。遺留分を損害された相続人は、減殺請求という手続きを行えば最低限取り戻すことができます。問題や納得いかない場合や、正しい分額などわからないときは、弁護士事務所に相談に行くとよいでしょう。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

弁護士事務所大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所
所在地 〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階
アクセス 大阪メトロ谷町九丁目駅 徒歩5分
近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分
電話 06-6770-7212
ホームページhttps://www.law-tachibana.jp/

メニュー

相続 遺産分割協議 相続税税務調査 遺産相続 相続税お尋ね 遺留分 遺言書作成

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。